demo_img demo_img

ブログ

ニュース画像

2020.07.29

Girls Rock Londonのためのバーチャルチャリティーイベント「The Soaring 20's」

バーチャルイベントが、リアルなイベントと比べてどれだけ効果を出すことができるかという懸念は、多くの人が抱くかもしれません。

今回ご紹介するのは、女性のためのメンタリングスキーム「Fast Forward 15」が主催する、「The Soaring 20’s」と題したGirls Rock Londonのための初のバーチャルイベントです。

バーチャルチャリティーイベント「The Soaring 20’s」

女性のためのメンタリングスキーム「Fast Forward 15」は、「The Soaring 20’s」と題した初のバーチャルイベントを行い、Girls Rock Londonのために5,000ポンド以上の寄付金を集めました。

このイベントには300人のイベント業界の専門家が集まり、6月18日(木)にはインスピレーションに満ちた女性の100年を祝い、トークやパフォーマンスを披露しました。

バーチャルへの移行で予算を削減

毎年、Fast Forward 15は、予算をかけずにチャリティーイベントを制作するという課題に挑戦しています。当初はライブイベントとして計画されていましたが、チームはデジタルとハイブリッドのイベントモデルの能力を示すバーチャルプラットフォームを作成しました。

このイベントは、女性が音楽をつくったり演奏したりして自信をつけることを目的とした団体「Girls Rock London」の支援を目的としています。イベントにはGirls Rock Londonのメンバーと系列の合唱団Lipsが出演しました。

元Fast Forward 15のメンターであるミーガン・アンスティさんは次のように述べています。「Fast Forward 15のおかげで、目標に到達することができ、キャリアを決定づける経験となりました。現在私たちが直面している課題を考えると、このようなプログラムはとても重要です。このイベントに参加したことで、私に多くのものを与えてくれたネットワークに少しでも貢献することができました。」

Fast Forward 15の創設者であり、BCD M&Eの非常勤取締役でもあるFay Sharpe氏は、次のように述べています。「2019年のThe Soaring 20’sチャリティーイベントは、本当に感動的なものでした。予算がなく、バーチャルへの移行を余儀なくされていた中で、彼らは洗練された、魅力的で楽しいイベントを成功させました。」

限られた予算で効果を出すことができるバーチャルイベント

このバーチャルチャリティーイベントのように、バーチャルであっても内容やプラットフォームによって、大きなイベント効果が期待できます。

またバーチャルイベントは、リアルなイベントと比べて、限られた予算のなかで開催できるというのも、大きなメリットであるといえるでしょう。

参照元:Virtual charity event raises £5k for Girls Rock London

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

DMM[SHOWBOOTH] オリジナル

オリジナルの展示会制作も可能です。詳しくはこちら

DMM[SHOWBOOTH] オリジナル

ご要望に合わせて会場カスタマイズも可能です。
詳しくはこちら

DMM[SHOWBOOTH] オリジナルについて

お問い合わせ

お問い合わせ

DMM[SHOWBOOTH]の導入等ご不明な点は、
お気軽にお問い合わせください。