demo_img demo_img

ブログ

ニュース画像

2020.08.13

High FidelityのVRイベント「Multi-Con VR」のアバターコンテスト

バーチャルイベントで重要なポイントの一つのが、アバターの活用です。

今回ご紹介するのは、High FidelityのVRイベント「Multi-Con VR」で開催されたアバターコンテストです。

10,000ドルの賞金が授与されるアバターコンテスト

High Fidelityは人気のバーチャル・フェスティバルの続編として、コンテスト、コスプレ、ファンアート、有名人のパネリストなど、盛りだくさんのイベントが盛り込まれたコミック・コンスタイルのオンラインVRイベント「Multi-Con VR」を開催しました。

このイベントの目玉は、なんといってもアバターコスプレコンテストでした。High Fidelityは1位に10,000ドルの賞金を授与し、さらに熾烈な競争になったといいます。2位には5,000ドル、3位には、1,000ドルの賞金が贈られます。また、出場するアバターには300ドルの参加賞も用意されました。賞金はHigh Fidelityコインで支払われ、米国の標準通貨と交換することができます。

出場者は、エミー賞にノミネートされたテレビ番組「MythBusters」の制作チームで構成されている審査員の審査を受けたといいます。

プラットフォーム最大の事業「Multi-Con VR」

アバターコンテストのほか、声優のジェームズ・アーノルド・テイラー(スパイダーマン、フレッド・フリンストーン、オビ=ワン・ケノービ)がハリウッド映画の名場面を再現したライブパフォーマンスや、自身の作品のパフォーマンスを披露しました。

イベントは3回に分けて開催され、3月16日はアニメとアバターコスプレコンテスト。4月27日はファンタジーとSF、6月8日は漫画ファンのためのイベントとなりました。

ソーシャルプラットフォームSecond Lifeと同チームによって開発されたHigh Fidelityは、ユーザーが仮想製品を作成し、デジタル通貨として販売することができるブロックチェーンベースのプラットフォームで、早くから他社と一線を画していました。その後、このプラットフォームは、オンライントーナメント、音楽パフォーマンス、フェスティバルなどを定期的に開催し、バーチャルなライブイベントを倍増させてきました。複数の主要イベントが複数の日程に渡って開催されるMulti-Conは、プラットフォーム最大の事業となったといいます。

バーチャルイベントで発揮されるアバターの魅力

アバターはただのツールの一つではなく、アバターそのものが多くの魅力を持っています。

愛着が増すようなアバターを活用することで、バーチャルイベントは様々な業界に普及するかもしれません。

参照元:High Fidelity’s Multi-Con VR Event Will Feature $10K Avatar Contest

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

DMM[SHOWBOOTH] オリジナル

オリジナルの展示会制作も可能です。詳しくはこちら

DMM[SHOWBOOTH] オリジナル

ご要望に合わせて会場カスタマイズも可能です。
詳しくはこちら

DMM[SHOWBOOTH] オリジナルについて

お問い合わせ

お問い合わせ

DMM[SHOWBOOTH]の導入等ご不明な点は、
お気軽にお問い合わせください。