demo_img demo_img

ブログ

ニュース画像

2020.08.19

The Weekndが出演するバーチャルTikTokコンサート

音楽業界においても、バーチャルでのコンサート、ライブ体験が盛り上がりを見せています。

今回ご紹介するのは、The WeekndのバーチャルTikTokコンサートです。

最新アルバムを演奏するライブ・バーチャル・コンサート

8月7日午後8時30分(米国東部標準時)に、TikTokはカナダのR&BシンガーであるThe Weekndの最新アルバム『After Hours』の一連の曲を演奏するライブ・バーチャル・コンサートを開催することを発表しました。

典型的なTikTokビデオやこれまでのライブストリーミング音楽イベントのように本人が登場するのではなく、TikTokが「初のアプリ内クロスリアリティ体験」と呼んでいるものの中で、The Weekndはデジタルアバターで表現されることになります。視聴者は、彼のパフォーマンスに合わせて、歌手と対話することができるといいます。

バーチャルでパフォーマンスを行うミュージシャンたち

このイベントは、大物ミュージシャンがバーチャルでパフォーマンスを行う最新の事例の一つです。Fortniteの最近のイベント、例えば今年初めのTravis Scottや2019年のMarshmelloのコンサートは、それぞれがゲーム内またはTwitchのようなストリーミングサービスでフォローすることでライブ参加した数千万人の視聴者を呼び寄せました。

TikTokは、ジョン・レジェンドやリンジー・スターリングなどのアーティストとバーチャルパフォーマンスを行ってきたWaveと、今回のコンサートのために提携しました。過去のコンサートの記録では、画面右下にモカプのスーツを着たアーティストの映像が流れるような演出もありました。

TikTokによると、The Weekndのショーは、人種の平等を支援する慈善団体Equal Justice Initiativeのための寄付金を集める目的もあるといいます。ユーザーはTikTokアプリを介して寄付を行うことができます。また、商品も販売され、収益はチャリティに寄付されます。

デジタルアバターなどの活用でバーチャルならではの表現を

The Weekndのライブ・バーチャル・コンサートでは、従来のライブストリーミングとは異なり、本人映像をそのまま流すのではなく、デジタルアバターで表現するという手法を用いています。

リアルなイベントの代替としてではなく、バーチャルだからこそ可能な演出は、今後もバーチャルイベントの付加価値を生み出していくでしょう。

参照元:The Weeknd will perform in a virtual TikTok concert on August 7th

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

DMM[SHOWBOOTH] オリジナル

オリジナルの展示会制作も可能です。詳しくはこちら

DMM[SHOWBOOTH] オリジナル

ご要望に合わせて会場カスタマイズも可能です。
詳しくはこちら

DMM[SHOWBOOTH] オリジナルについて

お問い合わせ

お問い合わせ

DMM[SHOWBOOTH]の導入等ご不明な点は、
お気軽にお問い合わせください。