demo_img demo_img

ブログ

ニュース画像

2020.09.01

パンデミック時代に生きる人々へメッセージを伝える。ホアキン・レストレポのバーチャル展覧会「Amor Fati」

バーチャルでの展覧会の開催は、この時代においてどのような意味をもつのでしょうか。

今回ご紹介するのは、現代美術家のホアキン・レストレポによるバーチャル展覧会「Amor Fati」です。

バーチャル展覧会「Amor Fati」

2020年7月20日、現代美術家のホアキン・レストレポは、米国で個展「Amor Fati」を開始しました。

レストレポの作品は、抑圧、運命を愛すること、自由を内に見出すこと、絶えず変動する生命と存在の中で前進することについて語っています。

アートを通してパンデミックの時代に生きる人々にメッセージを伝える

「Amor Fati」は必然的にパンデミックの時代に立ち上げられたバーチャルな展覧会であり、その過程で成長し、自己を知ることができるようにするためのものだといいます。彼のビジョンは、その絶妙なアートを通して、困難な時代に私たちがどのように向上していけるかを示しています。

この展覧会は、2020年の夏にフロリダのレイクカウンティ美術館で一般公開される予定でしたが、国際便の閉鎖を考慮して、レストレポ氏は美術館と一緒に、デジタルの世界で彼の作品のメッセージを提示することにしました。

ホアキン・レストレポによれば、今の時代は自由の真の意味を読み解き、真の解放を阻む恐怖や悪魔を克服するために活用されるべきだといいます。レストレポは幼い頃から、世界共通の言語を使って新しい世界を探求する方法として、アートとテクノロジーを融合させることを得意としていました。

「Amor Fati」は、iOSデバイスとAndroidから、無料で観覧することができます。

参照元:Blend into an Immersive Virtual Experience of Art and Freedom at Joaquin Restrepo’s Exhibition “Amor Fati”

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

DMM[SHOWBOOTH] オリジナル

オリジナルの展示会制作も可能です。詳しくはこちら

DMM[SHOWBOOTH] オリジナル

ご要望に合わせて会場カスタマイズも可能です。
詳しくはこちら

DMM[SHOWBOOTH] オリジナルについて

お問い合わせ

お問い合わせ

DMM[SHOWBOOTH]の導入等ご不明な点は、
お気軽にお問い合わせください。