demo_img demo_img

ブログ

ニュース画像

2020.07.10

その場にいなくても参加できる!Kohl’sのホリデーシーズンショッピングAR体験

バーチャル展示会において、イベント会場の中を移動しながらブース内の商品を見て回ることができたら、実際の展示会とのギャップはほとんどないかもしれません。

その場にいなくてもポップアップ展示に参加できる

今回ご紹介するのは、米小売業のKohl’sが導入した顧客向けの拡張現実ウィンドウショッピング体験です。

Kohl’sが導入した顧客向けに拡張現実ウィンドウショッピング体験は、ソーシャルメディア企業のSnapchatと提携し、Snapchatのポータルレンズ機能を利用して実現されました。これにより顧客は、物理的にその場にいなくても、ニューヨークの休日のポップアップ展示に参加することができるようになりました。

ポータルレンズを使ってイベント会場を立体的に表現

顧客がSnapchatのレンズライブラリから小売店のポータルレンズを選択すると、拡張現実バージョンのKohl’sストアの扉に迎え入れられます。

この拡張現実では実際のイベント会場を立体的に再現し、店内の商品を見て回ることができます。

さらに気に入った商品を購入することもでき、AR内のショッピングリンクをタップすると、Kohl’sのオンラインサイトへと誘導されます。

テクノロジーで記憶に残る顧客体験を

ARは、小売業界においてビジネスのための重要な技術の一つとなっています。Kohl’sの他にも、Macy’sやIKEAも最近拡張現実体験を提供しています。

ARは近年人気が高まっており、消費者にとっても身近なものとなっています。今では、対応するカメラを搭載したスマートフォンと拡張現実アプリケーションがあれば、誰でもAR体験ができるようになりました。

拡張現実やその他のテクノロジーは、顧客にとって記憶に残るショッピング体験を提供することができ、ブランドの顧客基盤を強化し、ロイヤルティを高めるのに有効な手段なのです。

参照元:Kohl’s Customers Get Enhanced Holiday Season Shopping Experiences with Augmented Reality

※当サイトに掲載されている一部画像、スクリ-ンショット、文章に置いては著作権侵害を目的に利用しておらず、第三十二条で定められる引用の範囲で使用しています。万が一問題があればお問い合わせからご連絡ください。即刻削除いたします。また、本ブログは業務の研究開発のためのものとなり、一部、弊社に関連性が無いものも掲載しております。

DMM[SHOWBOOTH] オリジナル

オリジナルの展示会制作も可能です。詳しくはこちら

DMM[SHOWBOOTH] オリジナル

ご要望に合わせて会場カスタマイズも可能です。
詳しくはこちら

DMM[SHOWBOOTH] オリジナルについて

お問い合わせ

お問い合わせ

DMM[SHOWBOOTH]の導入等ご不明な点は、
お気軽にお問い合わせください。